ずごしょうとは柚子の皮と胡椒(唐辛子)塩を混ぜ合わせて作られ、見かけはわさびのように見えます。通常は青唐辛子を使った緑色のものが主流で、赤唐辛子を使った赤い物もあります。その違いは青は唐辛子の青臭さと柚子の皮の香りの絶妙なバランスを楽しめ、赤は青臭さのないさっぱりとした風味を楽しめます。使い方はわさび、からし、一味、七味と同じように使え、薬味なので少ない量から始めて徐々に自分の適量に合わせて下さい。

使い方
■溶かして使う
・みそ汁のお碗に耳かき一杯分程度、箸で取り少しずつ溶かしてお入れ下さい(後はお好みで量を増やして下さい)
・しゃぶしゃぶ・鍋物のポン酢、天麩羅などの天つゆ、焼き肉のたれ、さしみの醤油、餃子の酢醤油
・牛・馬刺の醤油(ショウガの代わりに使うと臭みも取れて美味しく頂けます)
■直接付けて食べる物
・ステーキ、焼き鳥(地鶏)、唐揚げ、ゆでたてのウィンナー等には、皿に取り少しずつ直接付けてお召し上がり下さい。
■下味、隠し味に使う場合
・竜田揚げの下味のたれに
・野菜炒めの隠し味に 
・和風ドレッシングの隠し味
・漬け物を漬ける時塩を少な目にしてゆずごしょうを入れると香りも良く、美味しく頂けます。
■混ぜて使う物
・焼き魚の大根下ろしに
・納豆(みみかき一杯分程度)

 
COPYRIGHT (C) 2005 SHIROUZU-SYOKUHIN-KOUGYOU ALL RIGHTS RESERVED